2010年05月03日

切る牌がない

100502.png

東南戦/東1局/南家
25000点/2位/1位と0点差
11順目/ドラ【南】【西】


ここで一索を切って、しょっぱなから痛い目を見た局面。
よく見れば対面はなかなか派手な捨て牌で、幺九牌を疑う場面なれど、とりあえずそれは置いておいて。

10順目に立直。
自分は七対子の二向聴。
しかも北以外の字牌は全てション牌。

とくれば、もはや勝負に行く価値は何処にもないはず。
ならば回すのではなく、ベタオリすべきだろう。
だったら、立直直後の一筒も、この場面ではかなりの危険牌である。
当然、立直後即オリとみて、上家に北をあわせて2順しのぐべきであった。

その後どう捌くかはツモや捨て牌次第ではあるが、ション牌のドラはもちろん切れず、萬子も下家に刺さる可能性がある。
そもそも下家はドラの西バックの可能性も見えるので警戒したい。

となると、切れる牌はなにひとつなくなってしまう。
こういう時に取る方策はふたつで、自分に都合のいい牌を切るか、片方に確実に通る牌を切るか。

しかし、すでにベタオリを決めている以上、自分の都合もなにもない。

となれば、安全度を比較考量して捨て牌を決めなければならない。
この場合、ドラが2つ開いているので、どう考えても対面をケアすべき、そうなると、下家にはアタっても仕方ないと考える。
下家で一番イタいケースは、清一色か西バックの混一色。
実践ケースのような、三色ドラ2のザンクはむしろ一番かわいいとも言える。

そうなると、対面には確実に通る牌を切りたい。
一方で、下家の点数も抑えたい。
なれば、やはりここは一筒⇒七筒と切っていくのが一番賢いやり方になると思う。

もちろん、デキる人であれば、対面の捨て牌から七対子を読み、筋はむしろ危険と言われるかもしれない。
ただ、それを加味したとしても、じゃあこの場面で三筒が切れるかと言われると切れないわけで、結局同じこと。

それならば、全くの無スジである一索や二萬、この場面でション牌の字牌みっつよりは、対面のスジである一筒や七筒の方がまだ安全という結果になると思うのだが、どうだろうか。
posted by h_amaeda at 13:01| Comment(5) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。