2010年01月17日

赤五筒切りの裏スジ待ち

麻雀.png

東南戦/南4局0本場(オーラス)/南家
29500点/トップと10500点差
10巡目/ドラ「發」

トップとは10500点差。
満貫ツモだと親と12000点差が詰まり、子と10000点差が詰まる。
つまり、微妙に満貫ツモで届かず、ハネツモ条件のオーラス、チャンス手が入る。
この手からハネツモに仕上げるには、メンタンピンツモ三色か、もしくは發を重ねてのメンツモ三色ドラ2しかない。

そんな折、3位の下家が赤切りリーチ。
これで、点棒込みで満貫ツモ条件に昇格、三筒を待たずしてリーチが可能に。

しかし、下家は最低でも2位を狙ってくるはず。タンピン含みの手か、もしくはドラ「發」バックが最低であることは容易に想像できる。
リーチ・ドラ2なら、振ったら3位に下がってしまう……

そんな折に、この局面。

さほど考えることもなく、とにかくテンパイするまでは發以外は全て勝負とばかりに一筒を切って放銃。


確かに、ドラもピンフも同じ一翻、待ち牌は倍、とくれば、赤ドラ切って、その裏で待つというのは戦法としてあるんだと思う、思うけど……

下家はリーチ・ピンフで、ツモるか私から出アガって、さらに裏ドラが1個でも乗ることが2位の条件。裏ドラは「西」で事なきを得ましたが、赤ドラの裏スジについて考えさせられる一局となりました。

ちなみに、この場面は10回打って10回一筒を切ると思うので、反省はしません。



ところで、シミュレーションしてみたいと思います。


ツモ「發」の場合は二筒落としでいいわけですから簡単です
(とはいえ、二筒が絶対安全とは言い切れませんが……)


ツモが「二・五萬」または「二・五索」だった場合が非常に悩ましい。
リャンメンで仕掛けている親のバックの可能性が非常に高く(実際そうでした)、また対面が切りきれずに単騎で待っている可能性もあると思います。
そうなると、10巡目ということもあり、逃げも辞さずというところでしょうか?
しかし、それだと「發以外は全て勝負」とした意味がない。
發以外は全て勝負というのは、イザとなれば發も勝負、ということなわけです。イザ、というのはつまり、三色テンパイになれば、という意味で、下家のリーチで三色の条件は外れたため、テンパイになれば發勝負、ということになります。
トップ取りの麻雀ならば、ここで發勝負は当然、振って3位または4位もやむなしでしょう。
一方、天鳳は2位でもポイントが付くため、2位確保でも考え方としては間違っていません。そうなった場合、發がある限りこの手はベタオリすべきで、赤5が切られたときのおそらく最も安牌であると考えられる七筒から切っていきます。
(平時ならまだしも、特定他家からの出アガリ狙いなどの条件がある場合は2・8も安全とはいえないと考えます。)

posted by h_amaeda at 12:01| Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

どっちを切っても同じだが……?

麻雀.png

東風戦/東3局一本場/北家/14順目
18600点/トップと13500点差
ドラ【發】


周囲が鳴きを多用する中での、この局面。
前々局でダブロン振り込み(幸い、合計は満貫弱だったものの)をしており、なんとか浮上したい場面。
345あるいは456の三色も窺えるところで、四萬ツモ。


取り得る選択肢は、以下の3つ。

・四萬ツモ切りか。
・七萬切りで一向聴維持か。
・四・七萬のスジにただならぬものを感じて西を切って回るか。

この手からベタオリはあまりにも無様だし、場況をみるに筒子は萬子よりも気持ちが悪い。索子を落とすと2スジを叩くことになり、純粋な危険度で言えば四・七萬切りより2倍危ない。
というわけで、上の3つが候補となると思いますが。

牌効率で考えるなら、ここで西を切っても有効牌が増えるわけではないので、どちらを切っても同じ。

(現状、受け入れは47筒・36索の4種。摸四萬打西でも同じ。)

ならば、三色をほぼ否定する打七萬はない。
すると実質、四萬と西との比較になるわけですが、私は四萬を切りました。
結果、下家に直撃。
どちらを切っても同じなら、危険牌先切りという考え方もあるし、危険牌が数順後に安牌になる可能性を考えて安牌から……という考え方もあるわけなんですが

やっぱり、ここは安牌から切るべきでしたね。


よく見ると、対面が一・四筒待ちなのに私が一筒を3枚切っています。
そうです。まさに今テンです。
私が一筒を3枚落としたすぐ後に下家がドラの發をリリース、それを対面がポンしてテンパイという局面。
つまり、下家は2鳴きの対面に対してション牌かつドラの發をリリースしたということで、十分形のテンパイであることが予測できるわけです。
当然、3鳴きの対面もテンパイでしょうから2面ケアが必要。
安牌がなく、全ツッパの局面なら四萬切り一択でしょうが、この場面は西切りだと思います。


ちなみに、結果下家に刺さりはしましたが、タンヤオ・ドラ1の2900で済みました。
対面は三色・發・ドラ4も見えているというのに、2900で發を勝負する親がいるわけで、それだけ序盤と終盤では戦法も変わってくるという証左だと思います。


この放銃で、4連続4位となってしまいました。


(この後、1位を取って、なんとか5連続4位はまぬかれましたがw)
posted by h_amaeda at 12:16| Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

リーチがかかっていないと判断が鈍る

麻雀.png

今日の場面はこれ

東風戦/東3局/東家
33700点/1位/2位と3800点差

基本的に技術的に未熟な私ですので、リーチがかからない限りは無警戒です。なのでダマに振り込んでもビックリするくらいでさほど悔しくはありません(まあ強くなるためにはケアしないとダメなんでしょうけど)


しかし、副露しているとなると話は別

この場面、三索を引いて二向聴。対面が東を暗槓してリーチせず。
しかしながら捨て牌は極めてアヤしい。カンしてなければ七対子を疑うところ。なので七対子崩れのアンコ手かと思いました。

しかしテンパイかどうかは良くわからず、普通ならば南を切る場面ではあるが、後のリーチにケアするために南を残した。その判断自体は間違っていないと思う、しかし問題は何を切るか。

よくわからないのはここでなぜ三索を切ったのか。

・ドラそば
・対面の捨て牌に索子の下がほとんど見えていない

という状況なら切るべきは七索ではなかったか?
もしくは、仕掛けも考えるなら七筒八筒を落とすという手もあったかもしれないが、三索は安易すぎた。

ここで満貫を振り込み、最終順位は痛恨の2位。
時間に追われたというのもあるが、もう少し落ち着いて打たないといけない。
posted by h_amaeda at 22:38| Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。